2014年10月01日

【第22回】浮気とは不倫とは?バトル後半戦! 




うにさんとの浮気・不倫に関しての
なんだかよく分からないバトルの後半戦です。

うにさんは、浮気ダメ!愛!恋!
おとし太はそれに対し、そもそも論ばかりぶつける。なぜ?どうして?


うわーってなる最終局面へ向けての、つばぜり合いをお楽しみくださいませ。




ついったーは、 ♯ おとパン でお待ちしております。
感想やゲスト自薦他薦などなど、よろしくお願いします!!


posted by おとし太 at 01:00| Comment(2) | うにさん【あれこれ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
たまたま見つけたポッドキャストで興味深いテーマでバトルしていたので気になって投稿させてもらいます。

34才、既婚、男性です。

前回、今回と浮気や不倫のお話しを二人がしていましたが、あまりにもお二方が自分中心で浮気や不倫語っているのでは?と思いました。

とくにウニさん。
相手が既婚者でも恋ならどうしようもなくなる、という気持ちはわかりますが、だからといって既婚者にアプローチしても良い道理にはならないと思います。

結婚に「契約」という言葉を使っていましたが、であれば自分の契約を守ることだけでなく、他の誰かの契約も壊すような行為はどうなのでしょうか?

それならば、
好きな人ができたとして、相手が既婚者だった場合、好きな人と契約を結んでいる相手(夫or妻)にすぐに出向き「すみません私はあなたの結婚相手に惚れてしまいました」と切り出して、3人で考えるならば良いと思います。
まあなかなか無理なことかもしれませんが笑

ですが、大抵のこういったケースではフリーの人が好意のある既婚者へとアプローチをし、その既婚者とこっそり会って愛を育んでしまう、というケースが多いです。
これを「好きになってしまったから仕方ない」と言うウニさんや他の人たちも、私からしたら「どうかしてるぞあんたら!」と思ってしまいます。
既婚者からアプローチしてるならその既婚者がただのアホです。

契約を結んでいる人を壊す好意、裏切る好意、こういった事を自分中心でしか見ないから「仕方ない」と思うのだと思います。

それとMCの方、
あなたは「両親のために結婚なんて」的な事をおっしゃっていましたが、これも「自分中心でしか考えていない典型」だと思います。
両親が自分のことをどう思ってきたか、もし自分に子どもができたらどう思うか、想像が全くいたっていません。

このポッドキャストの「幸せを探す」というのは「自分だけの幸せを探す」という事なのでしょうか?
そもそも幸せとは個人だけで完結するものではなく、全体(家族や友人、愛するものや社会という意味)と共に形成されるものだと思います。

もう少し周りへのイマジネーションを高めて人と付き合ってほしいなあと心から思います。

すみません、偉そうな事を長々と。男と女の話題は幸福論へと直結してるのでやはり面白いですね。
また楽しみにしています。



Posted by エロトポ at 2014年10月02日 13:59
MCさんの頑張りは分かるけど電波に載せるならもう少し勉強してから話をしませんか?
日本は元々一夫多妻制で性に対して大らかな考えの民族ですよ
Posted by 1 at 2014年11月16日 15:26